忍者ブログ
 
ファッション・音楽・車・食など自分フィルターで気になること、発信していることを綴ります
2017.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Mr11
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
かなりアンダーグランドですが、自身でアパレル/SUBMISSIONの主宰運営をしながら、アパレルECショップ「CASTY.co」も運営しております。  アパレル/車/飲食など様々なシーンを通じて見て感じたことを綴っていきます。
FAMILY
カウンター
ポチっと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日アナウンスしましたセルビッチ・リジット・デニムが大好評でございまして本当にありがとうございます。


まだ生産予定数までには達しておりませんので、悩んでいる方はお早めに決断をどうぞ。


日々気温が高くなってくるとどうしても気分は半袖、ショーツに切り替わるので、今時期DENIMを買うのは根性がいると思いますが、価格とクオリティは正比例するのがデニムの基本。



だからこの価格でこのクオリティはオススメなんです。






是非。





さて、一方でCASTY.COでは本日深夜0時から"BRANCH SALE"を一週間開催!!!
これは何かっつうのは詳しくはCASTYのBLOGにて掲載しておりますので、是非。 全国津々浦々、沢山のご利用者の方と会場に来てくれた方の差別をなくそう!!!という試み。



在庫の管理などこっち側のクリアしないといけない問題山済みですが、まずは試験的に。


これが成功すれば、イベントに行かなくてもサイトでも会場(BRANCH)でも常に同じこと。


すなわちSHOPと同じっつうことになりますしね。


そういう意味ではサイトでも今年初となるCASTY.COのプライスダウン。 よろしくです。

拍手[1回]

PR
お待たせしているリジット・セルビッチ・デニムが本日より受注スタートです。



初となる3度目のリリースです。


デッドストックとして取っておくのもOKだし、すぐに履くのも勿論OK。


一回の作業で30着分一反しか製造できなく販売できませんので是非この機会にどうぞ。




RIGID DENIM

SIZE : M.L.XL.XXL
PRICE : 12.000YEN
color : RIGID DENIM
SHIP : 6月


SIZE 
M(29inch)  ウエスト83cm わたり32cm 股下80cm 股上25cm 裾幅21cm
L(31inch)  ウエスト86cm わたり33cm 股下81cm 股上25cm 裾幅21cm
XL(33inch)  ウエスト89cm わたり34cm 股下82cm 股上26cm 裾幅22cm
XXL(35inch)  ウエスト92cm わたり35cm 股下82cm 股上26cm 裾幅22cm



代引/ゆうちょ/銀行振込 送料は無料となります。

awc-japan@y9.dion.ne.jpまでどうぞ。

拍手[3回]

ゴールデンウィーク真っ只中。


いつもより気温もカツ~~ンと上がらず肌寒いんですがいかがお過ごしですか?



CASTY.COではHARDCORE CAMPAIGNが開催中ですね。



なんだかんだ前半後半に分かれている今年のGWですが、まだまだ連休ってことで皆さん楽しんでるはず。



さて、かなりひっさびさですがSUBMIから3度目となる大人気アイテムのリリースです。 2012年の初売りで瞬殺した"RIGID SELVEDGE DENIM"の再販決定です。




なんでかって?2回目の再販で僕個人のキープ分もお客さんからのリクエストで分けてしまって僕持ってないんですよね、、、、、、、。


だから勢いあまって再販します。






今更説明不要の岡山県で製作して、写真のシャトル式織機でじっくりと編みたてられた皆さん大好きなセルビッチデニム。

13.5オンスと十分な肉厚を編みたてているわけですが、このオリジナルともいえるシャトル織からなる「甘編み」で出来る独特のデニムの風合いが、あのヴィンテージリーバイスやラルフローレンのような風合いなんですね。


シルエットも現代風にいや、、個人的にアップデイトしたもので501と違って裾も最大で22cmとVANSを穿いてもすらない。   


腰で穿いてもほんの少しのローライズでだらしなくなく、それでいて赤耳を楽しめる長めのレングスで裾は8mm手巻き式チェーンステッチ。


ちょっとだけロールして赤耳アピールですな。


ガンガン洗って落として好きな色で穿くのもよし。


そのままじっくり穿き続けて「育てる」のもよし。


前回購入したのが色落ちしたから2本目でもよし!!


来週には情報解禁できると思うので、デニム一本欲しかった方は是非。



かなりバリューの高い一本すよ。






拍手[2回]

CASTY.COのBLOGでも書きましたが、現在NEWSで注目されているボストンでの爆破テロ。


マラソン大会という全く持って無差別な対象者を狙った卑劣な事件が起きて、未だに犯人逃亡中という事態。


とんでもねぇロシアン・ブラザーズですな。



昨夜はスカパーで一晩中、海外のニュースをチェックしてましたが、住宅街で銃撃戦までやらかしてまだ弟一人爆弾もって逃げてるとか。。。。。マジありえませんよ。


ここ最近はCASTY/SAWATAを筆頭に色々な友人もフィジカルにハーフやフルマラソンにも参加していること考えると、ここが日本だからリアリティがないとは思いつつ、おっかねぇ~~~とリアルに思ったりしますわ。。。。



この事件で様々な団体や企業から、現在支援ベネフィット商材がリリースされておりますが、ボストンをホームタウンにするバンド・DROPKICK MURPYHSがベネフィットTEE SHIRTSをリリースしました。


TOBY/RUSTYから教えてもらったのですが、僕自身10年くらい前に新宿ロフトでDKMと一緒にライブも行い遊びに行ったりしました。



そういう意味では何かの縁(といったら失礼ですが)かと思いますので、ベネフィット商品の販売をします!!!


既に本国では65000ドルの売上を上げているのも凄いな~~~と思いますが、よくあるベネフィットで僕が一番気にするのはこの内容。


「3.11地震」を例に挙げるのもどうかと思いますが、およそ大概が「売上からコストを引いた全額寄付」という文脈があるんですが、それだと購入した人はOKだけど、売ってる側は損もしなきゃ得も勿論しないけど、お前ら一円も払って無いじゃん。。。。ってことになると思ってまして、、、。


コスト引くのは、、まぁいいけど、作ってるあんた達は幾らだしたの?????それって売名行為じゃね?と思うわけです。

企画することに意味があったり、賛同してくれる人がいるのも素晴らしいことなんで一概に言えませんが、作る事と売ることに専念しちまったら、あんたは何してんだ、、、と。


寄付なんでしょ?、、、と。


まぁそれが全てではないと思いますが、こちらのDKM商材は「売上収益全て被害者の方に寄付」となってまして、、、、シャツの原価や生産コストは彼ら自費つう当然といえば当然の気合。


そこに購入する方から頂く若干の金額を載せた本国24.99USDという価格で販売されるわけですな。


65000USD分のTSの量考えてご覧なさい。。。


そのコスト分を彼らは寄付していることになるんだな。


これが本来と思うわけです。


つうことでCASTYとしては24.99USD以上もらっても彼らに送金もできませんので、皆さんにはこの24.99USDに輸入送料+TAXを加算して販売。


僕は僕で皆さんと同じく購入つうことで、いわゆる代行?相乗り?販売で行います。


そうすりゃ皆さんと僕は同じ立場。


CASTYも無利益だし、あくまでもTSを買うためのプラットフォームというスタンスを取れますからね。


暫定3000円に設定しているのは差額をもらうのが大変なので、輸入経験上3000円に設定して差額分は商品と返金という形をとりますんでご安心を。


つうことで、まぁ~~重く考えず?TS一枚意味あるモノを買いました的な感覚でチェックしてみてください!!



拍手[5回]

相棒の車のレストアの時に使用していたCASTY.COで製作した新しいナイロン素材。


天井で使っていたものですね。


あの素材の問い合わせが結構多くてデスね。。。。


何が出るのか楽しみです!!とメールやメッセージを沢山いただいているんですが、ようやく解禁???


まだCASTY.COでは公開していませんが、こっちではいいでしょ。







今年はナイロン素材でバッグを作ってみました。


大振りなメッセンジャーが多い中、小さめの大きさで使い勝手だけを考えたこちら。

シンプルな分、使い勝手もいいはずです。


そして、こちらもメイク。


基本のバックパック。


相棒もなんだかんだTACTでアチコチで回ってるし、SAWATAもSK8通勤。


自分達も使う、当然の一品。


スクエアスタイルのシンプルなものです。


と、こんなアイテムとして採用されたわけでございます。


リリースまでまだちょっとありますが、お楽しみに。



拍手[5回]

Prev1 2 3 4 5 6 7 8  →Next